スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、の合図。

2010/10/28 00:05
部活が終わった7時近く。
この時期になると、もうこの時間は真っ暗で。
街灯がなければ、たとえ近くにいても顔さえ見えないほどです。
そんな、1日の学校の終わり。



1年生と2年生の駐輪場は隣接していて、たとえ人がそれぞれの学年にいたとしても、仕切ってあるから姿は見えない。
だけど、声は聞こえます。むしろ響くくらいです。
そんな場所で、漫画みたいな体験をするなんて誰が思うでしょうか。
もちろん私も、例外ではなくて。

自転車を出しているときに1年生の駐輪場から聞こえた3人の話し声。
いつもだったら気にも留めないで帰るはずなのに、その3人の声が知っていたもので、しかも話の内容が自分のことだったから、反射的に動きが止まってしまいました。
本当は、きっと、それがだめだった。

「●●って、ぴよもち先輩と仲いいよな。・・・実は、みたいな?」
「違うって。付き合ってないよ。」
「じゃあ好きなんだろ!」
「違う。」
「好きじゃないのにあそこまで仲よくしないだろ。しかも先輩だし。」
「似てるんだよ、先輩・・・・・・・・・・前、付き合ってた奴に。」

わかってしまいました、彼が私に優しかった意味が。
知ってしまいました、彼が私を気にかけてくれる意味が。
全て、理解してしまいました。

「親御さんの仕事の関係で、今、福岡。それに受験とか色々あったし、仕方なかったんだよね。」

年下の彼は、前に付き合っていた子が、まだ、好きなんだ。
そして、その子が私に似ているだけだった。



それがこの恋心の、さよならの合図でした。



でもなぜか、ショックとか悲しさとかはなかったのです。
ただ、年下の彼が好きだったという気持ちだけが、すうっと消えていきました。
びっくりするほど、その気持ちだけがきれいになくなっていって。
でもやっぱり残るのは、少しの余韻と虚無感。
確かに恋でした。
一瞬にして過去形になってしまったけれど、なぜだか寂しくはなかったのです。



ただ一つ明確なのは、私も彼も、何も悪いことはないということ。

さようなら、彼が好きだった私。

そして迎え入れる、マネージャーとして彼が好きな、私。



スポンサーサイト

君に、気づかれる。

2010/10/07 15:42
お昼休み、1年生の階。
明日からの大会のために公欠届を渡しに回っていました。
みんなお弁当を食べていて、名前を呼んでも気づいてくれないこともしばしば。
そのたびにクラスにいた子達の視線を集めて、恥ずかしくて。
渡したら足早にその場を去っていました。

あの教室に行く時、すごく緊張。
年下のあの人を含めて、その教室には4人の陸部がいます。
誰が気づいてくれるんだろうって、気づいてくれなかったら誰の名前を呼ぼうって。ぐるぐる考えていました。

教室のドアから少しだけ顔を出して、たっくさん人がいる中から見つけようとしたけれど、難しい。
どこにいるのかなってキョロキョロしてたら、誰か一人が席を立ちました。
それが誰がかわかった途端、
ぎゅっとなった肺、
どくどくしだした心臓、
爪が食い込んだ手のひら。
見つける前に、見つけられた。

何ですか?と、呼んでないのに気づいてくれて。
誰よりも先に来てくれました。

ああ、もう。
泣きそうだ。


君を探す。

2010/10/05 23:20
5時間目の体育。
先生の都合で自習になって、先生不在での授業。
他の学年が体育館で体育をやっていて、半面使わしてもらえるということになりました。
体育館へ行くと、目に入ったのは、1年生を表すジャージを着た男の子達。

そのクラスには、良く知っている人がいるはずで。
先生がいないのをいいことに、だらだらしているみんな。
やる気がない風を装って、私は、彼を探した。

時間がかからず見つけられたのは、あの人がやる気がなさそうに授業を受けていたから。
ふらふら~と動いて、やっているふり。
面白くって、新しいあの人の一面が見れて、口元が緩むのが自分でもわかりました。

部活の時間、競技場へ行く道。一緒にお話して歩きました。
「今日体育一緒だったんだよ。●●、最初からやる気なさそうだったね」と。
”ずっと、君を見ていたんだよ”、自己主張を織り交ぜて。
私の隠した言葉になんて、気づいてくれなくてもいいって思ってました。

だけど、君がそんなこと言うから。
「俺も先輩探しましたよ。だけど、見つかんなかったんですよね。」
・・・ほら、苦しくなった。
どうして、私を探したの?
私と同じ気持ちで探してくれていたらいいな、なんて。

いやだいやだと、首を振りたくて。
でも、泣きたくなったのは、嬉しかったから。

泣きたくなる程、どうしようもなく、嬉しかったから。



2010/09/18 19:19
お願いだから、手を離して。
触れた部分がすごく熱いの。

5分か10分かわからないけど、手を握って、お話をした。
きっとこれは、恋じゃない。

ものすごく長いです。最後まで読み切る自信のある方だけどうぞ。

2010/09/11 00:00
私には、付き合って半年経つ人がいます。
高校は違うけど、同じ中学で。
最初は楽しくて、仕方がなかった。
でも楽しかったのは、初めだけでした。

いつからだったでしょうか、それすらも覚えていません。
突然連絡が取れなくなりました。
メールを送っても返信をくれない。電話をしても出ない。
ましてや、あっちからメールを送ってくれるわけでも電話をくれるわけでもない。
どうしてかわからなかった。でも、信じたかったから。
忙しいのかもしれないと思って、私もあまり電話もメールもしなくなりました。
待ち続けました。
いつかの夜11時過ぎ。彼から電話が来ました。
連絡をくれなかった理由は、ただ忙しかったと。「ごめん」を繰り返されました。
声を聞くのは久しぶりで。付き合っているのに、苦しすぎて泣きそうになりました。
「また明日、電話するから。」切る間際に言われたのです。
「俺から電話する。待ってて。」
でも、電話は来ませんでした。
連絡が来るはずの”明日”が過ぎても、ずっと待ちました。

夏休み前。7月に小さくて、大きな決心。
夏休みになっても連絡が来なかったら、別れようと。
連絡がつかないまま一方的にメールで別れるのは嫌だから、文化祭で彼に会いに行こうと。
もう、待つのが苦しかったのです。

夏休みの真ん中。
私の、誕生日。
部活のみんなも、友達も、先輩も、後輩も、みんなが祝ってくれました。
彼だけが、祝ってくれませんでした。
心の限界が、近かった。





うちの陸部は毎年2回合宿があります。
2回目の合宿は、男子陣がテレビゲームを合宿所へ持参して、みんなでゲームをします。
私はゲームが大好きです。陸部女子陣はみんなゲームをしますが、音楽系やリズム系しかやりません。
でも私はRPJが好きで、男子陣とも良くゲームの話をします。

●君、一つ年下の男の子。「私も合宿所で一緒にゲームやりたい!」と言ったら、「男子部屋に一人で来る勇気があったら、一緒にやりましょう。」と言われました。
ゲーム好きの私には乗り込むことなんて遠慮しない。実際に単独で乗り込んで行きました。
ゲーム機があったのは男子部長がいた部屋。「ほんとに来たのか!?」と驚かれながらも、一緒にゲームをしました。
男子部長が飽きたころ、じゃあ●呼んでこよう!と思って隣の部屋へ。
ドアをノックすると、急いで出てくる足音が。
出てきた●君に「●を拉致りにきたよ~。一緒に遊ぼ!」と言うと、
「来ると思いましたよ」と小さく笑って、他の子とやっていたトランプも途中で抜けて来てくれました。
みんなが寝始めても、2人で一緒に遊んでました。



2日目の夜、みんなで花火をしました。
みんなで固まって、わいわい、きゃーきゃー。
でも●君は時々みんなの輪から外れて、様子を見ていました。
みんなで遊ぶ時はみんなで楽しみたいという考えを持っている私。男子陣に呼ばれる時だけ花火をやって輪から外れる●君がなんだか寂しくて。
●君を一人にしたくなくて、花火を持って行ってできるだけ●君といるようにしました。
「花火が嫌なわけではないですよ。みんなで遊ぶのも好きです。でも、一人でそれを見てる方が俺には合ってるんです。見てるのも案外楽しいですよ。」
でも、みんなでいられる時はみんなでいたいから。
「でもそれじゃ私が嫌だよ。じゃあ、私と2人で遊んで、そしたら3人で遊んで、4人になって5人になろう。ちょっとずつ増やしていって、最後はずっとみんなといたいって気持ちになって、みんなで遊ぼう!」
頑張って考えて、出てきた言葉はなんだかめちゃくちゃだったけど、
「・・・先輩といるのは、楽しいですよ。」
ちっちゃく笑って、そう答えてくれました。

花火の終わり。残しておいた派手な花火達にみんな興奮気味。
元々風邪気味だった私は、煙にも影響されて咳が止まらなくて。
心配させて雰囲気を壊したくなかったから、一人で輪から離れてみんなに背を向けて。
苦しくて、ずっと咳が止まらなかったのです。
みんな私が輪から外れたことに気づかずに盛り上がっていました。
一人だけ除いて。
「大丈夫ですか?」と声をかけてくれたのは、●君でした。
そのまま私の隣に腰をおろして、でも何かを話すわけでもなくて。
花火が終わるまで、隣にいてくれました。



合宿所ですごす最後の夜は、女子陣みんなが集まってのおしゃべり。
そこで初めて知ったのは、実は●君をみんなかっこいいと思っていること。
確かにかっこいいけれど、みんなそう思っているとは思いませんでした。
花火の時、●君と私が2人でいるところを何人か見ていたらしくて、うらやましいと言われました。
うらやましいと言われた時、ちょっぴり胸が痛かったことに、気づきたくなかった。

17歳の夏。
何もないと思っていたのに、何かが起こってしまったかもしれない。



今日の体育祭。私は委員会と陸部のお仕事で過ごしていました。
私のブロックは白で、●君のブロックは赤。
某番組のしし座のラッキーアイテムは”赤いTシャツ”。
「Tシャツ交換しよう!」「嫌ですよ!」と●君とふざけ合っていました(半分本気でした)
でもどうしても赤が欲しいしし座の私。「じゃあ鉢巻き交換しよう!」と言うと、ちょっと考えた後交換してくれて。
言ったのは私なのに、まさか本当に交換してくれるとは思わなかったからなんとなく恥ずかしくて。
しわにならないように、結ばないで首にずっとかけてました。

陸部のお仕事は基本4人以上で行いました。
スタンバイしていて、出番までは応援かおしゃべり。
そうすると、1年男子がいないと輪から外れようとする●君。
私と仕事が被った時は、一人にさせたくなくて話しかけました。
日差しが暑くて帽子をかぶっていた私。
お仕事飽きてきていた私は、自分の帽子を●君に不意打ちでかぶせては笑っていました。
●君も笑ってて。●君も私に帽子をかぶせてきます。
●君の手が私の頭に触れた時、少し骨ばった指の感触が、”男の子”だと言っていて。
その指を頭が知るたび、どきどきが速くなる心臓が、不愉快だった。

体育祭の最後の種目。係りだった私と●君。
調子に乗って「●の赤い鉢巻きちょうだい」と言いました。
ふざけてたんです。「嫌ですよ!」と言われると思ってたのに。
でも、返ってきたのは「いいですよ」という肯定でした。
夏に感じた、痛みがまた出てきました。





今週かれの文化祭があります。
そこで、最後にしようかなと。
もう、待つのはやめようと、決めています。
それで、気持ちが少しは楽になれると思っていたのに。
私は、何を、やっているのだろう。
なんでよりにもよって年下?
どうしてみんながかっこいいと思う人を?
辛い恋を私はまたするの?
年下となんて、叶うはずもないのに。





私には、付き合って半年経つ人がいます。
高校は違うけど、同じ中学で。
だけど、辛くて苦しいから、別れようと思っています。
すっきりしようと思っています。
でも、気になる人ができてしまいました。
また、辛くて、苦しいです。
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。