スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張りすぎる先輩のお話。

2010/08/02 23:29
うちの陸上部は11月の駅伝まで3年生が残ります。
他の部活は3年生が抜ける中、陸上部はフルメンバーで練習。
3年生は受験勉強とハードな練習でくたくたなはずなのに、それでも手を抜かずに全てに全力。
でも体は正直です。気持ちは保てていても、体はついていきません。
だから「無理をしないで下さい」と、無理なことを私は言います。



元々過呼吸持ちの先輩。練習が後半になると過呼吸が出てきます。
いつの間にか、先輩の介抱は私の役目。
過呼吸が出るたびに飲み物とタオルを持って先輩の元へ。
日陰へ誘導して休ませます。いつもはそれで落ち着けば治るんです。
最近、過呼吸が重くなりました。
呼吸が鋭くなりました。倒れるようになりました。一人で立ち上がれないようになりました。一人で歩けないようになりました。
いつもの対処では、うまくおさまらなくなりました。



走っている途中で過呼吸になりかけると、先生はストップをかけます。
でも先輩はやめません。メニューが終わるまで走り続けます。
そしてメニューが終わって、重くなった過呼吸と共にふらふらになって倒れます。
立てなくて、歩けなくて、泣きながら、その繰り返し。
「辛くなったら、ひどくなる前にやめてください。」その言葉の繰り返し。
でも先輩は、肯定を示してくれたことはありません。いつも「ごめんね」と笑ってごまかします。



「無理をしないでください」と、無理なことを私は言います。
やめることができないと分かっているから出てくる言葉。それ以外が見つかりません。
先輩が安心できる言葉、見つからないかな。
だって、すっごい頑張っているんだ。苦しいと泣きながら、頑張っているんです。
だから私は繰り返します。先輩がこれ以上頑張りすぎないように。
もしかしたら、先輩に対しての警告なのかもしれません。



十分頑張っているよ。先輩、自分を褒めてあげて。


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




初めまして

こんにちは(^o^)

訪問履歴から来たんですけど、
多分前にも1度お邪魔したことあります(^^;)

あたしはマネージャーじゃないけれど同じ
陸上部なのでコメントさせていただきました*

マネの仕事も決して楽ではないと思います。
それなのに、選手たちのことを1番に理解し
考えてくれている人が、そばに居てくれるのは
あたしたち選手にとって、とても心強いことです。

なので 悩み、辛くても。
笑顔で、頑張ってください



友紀サマへ**ぴよもち

こんにちわ、初めてまして^^
私も足跡から友紀さんのブログさんに遊びに行かせてもらいました~
初コメありがとうございます



マネージャーも選手と同じ位頑張っています。
辛くて、もうダメだと思った時に、笑顔の「頑張ったね」。元気が出る魔法の呪文です。
私が頑張らなきゃいけないのはみんなが頑張っているから。
頑張っているみんなを支えられるマネージャーを目指して頑張ります^^



Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。