スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その期待を込めて。

2010/09/22 23:45
【競技場】
Aグループ→3000M+1000M+加速走(20M+50M)×3
Bグループ→2000M+1000M+加速走(20M+50M)×3


新人戦の予選が終わったので、駅伝に向けて長距離メニューに全員変更です。
県大会に出場組も、スタミナupを狙ってスピード練習だけでなく長い距離の練習も行います。
800系は慣れない距離にみんなキツそうでした。



女子はみんなBグループ。駅伝のメンバー候補陣は先頭で引っ張っていきます。
去年は4区を走っていた2年生。今年はアンカーを走りたいと言う。
新人戦も女子3000Mで県大会を決めていて、安定した走りができる子です。
その子ももちろん先頭集団で走り、後ろを引っ張っていました。
2000Mの記録もベスト。後半のスパートもしっかりスピードに乗り、とても良い走りでした。

でも、走り終わった後。頑張りすぎてふらふらに。
1000が始まる前に400をゆっくりjogしていましたが、息が整いきらないままスタートラインへ。
そんな彼女に顧問の喝が飛びました。
「2000でそんな状態じゃお前に5区は任せられない。本番じゃ半分も走ってないんだからな。辛いんだったら辞めればいい。休めばいい。でもアンカー走りたいんだったらここでへばってんじゃない。」
期待の込った喝でした。任せたいから、アンカーを背負って欲しいから。
その期待を込めて。

みんな勝ちたい。今年こそは、その気持ちはみんな一緒。
辛いと思う。苦しいと思う。
でも、みんな頑張れ。
応援しかできないけど、でもちゃんと、信じてるから。



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




No title

長距離ってキツくなった時あきらめないで気持ちをどこまで保てるかが大切なんですよね。
特に駅伝は自分一人だけじゃなくそこまで繋いでくれた仲間がおるからそういう気持ちの部分ってのが強いんちゃうかなと思います。
顧問の先生の言葉もそういうのが見えていい先生やなぁと思いました^^

それときつい時の応援の声というのはほんま力になるんで、ぴよもちさんの声もちゃんと届いてたと思います!



ソラサマへ**ぴよもち

駅伝は長距離にとって唯一の団体競技です。
前の走者の頑張りを受け取り、次の走者へ精一杯を渡します。
アンカーは全員の気持ちを吸収して、みんなの精一杯を走りに。
そのことを重く分かっているからこその顧問の喝。
確かにいい先生で、尊敬しています。
まぁ、大っ嫌いですが^^


ありがとうございます^^
私自身が声援を受ける立場にいないのでわかりませんが、応援が辛い時に頑張れる糧になるなら、私は頑張って応援します!



Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。