スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君を探す。

2010/10/05 23:20
5時間目の体育。
先生の都合で自習になって、先生不在での授業。
他の学年が体育館で体育をやっていて、半面使わしてもらえるということになりました。
体育館へ行くと、目に入ったのは、1年生を表すジャージを着た男の子達。

そのクラスには、良く知っている人がいるはずで。
先生がいないのをいいことに、だらだらしているみんな。
やる気がない風を装って、私は、彼を探した。

時間がかからず見つけられたのは、あの人がやる気がなさそうに授業を受けていたから。
ふらふら~と動いて、やっているふり。
面白くって、新しいあの人の一面が見れて、口元が緩むのが自分でもわかりました。

部活の時間、競技場へ行く道。一緒にお話して歩きました。
「今日体育一緒だったんだよ。●●、最初からやる気なさそうだったね」と。
”ずっと、君を見ていたんだよ”、自己主張を織り交ぜて。
私の隠した言葉になんて、気づいてくれなくてもいいって思ってました。

だけど、君がそんなこと言うから。
「俺も先輩探しましたよ。だけど、見つかんなかったんですよね。」
・・・ほら、苦しくなった。
どうして、私を探したの?
私と同じ気持ちで探してくれていたらいいな、なんて。

いやだいやだと、首を振りたくて。
でも、泣きたくなったのは、嬉しかったから。

泣きたくなる程、どうしようもなく、嬉しかったから。



スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




No title

いい意味でこれ以上ぴよきちさんは苦しまなくてもいいのではないでしょうか?
もうそろそろ楽になるときだと思いますよ^^
生意気にすみません(汗)
意味は分かりますよね?^^



エンリケサマへ**ぴよもち

エンリケさんの意味、わかります。
だけど、私からじゃないとお話出来ないし、メールとかもくるわけじゃないし、です。
異性と仲良くしているところは見たこと無いですし、ちょっとは他の子より近い存在でいられてるとは思いますが・・・でも不安で。

エンリケさん~
助けてください~(>_<)
な、状況です



Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。