スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてます!

2010/12/29 22:32
こんばんわ!
お久しぶりです!
ぴよです!
生きてますすすす!



えっと、えっとっ
放置してました!

11月・12月は忙しくて。
あと実は、PCが壊れました。
忙しさとPCの故障で、日記の更新が滞ってしまいました。

今も携帯で更新しています。
私の日記は文章が長くなってしまうので、携帯だと体力使うんですよね((苦笑"



あと2日で今年も終わりますが、私は受験生になります。
今、もう受験の体制に入っていて、PCに当てていた時間を勉強に回しているのも、更新が滞っていた原因の一つです。

明日から携帯からの更新でブログを再開しようと思っていますが、今まで通りの更新率は期待しないでくださいね。
恐らく、鈍足です。



放置している間も、私のブログに遊びに来てくださった方。
とってもとっても、ありがとうございます。
感謝感激です^^
コメントをくれたあきほさんにも、感謝です!


25~28日に合同合宿があったので、明日以降に内容を更新したいと思います。
合宿、大変でした・・・。



とにもかくにも。
更新再開宣言!
またまた、よろしくお願いします!^^

ごめんなさい、ありがとう、さようなら。

2010/11/07 22:28
雷管の音で一斉に女子のスタート。
後ろからスタートした選手達が焦って前へ前へと無理やり進むと、それに巻き込まれた一人の選手。
蹴られて、
引きずられるように押され、
立ち上がった時には左足の膝から下が血と擦過傷で真っ赤でした。
いつもだったら『可哀想に』と同情できるけれど、今回だけは他人事に考えられなかったのは、

それが、うちの選手だったからです。



エースの女子部長でも、その傷を抱えていつものペースで6km走るのは無理な話で。
それでも、意地で10位をキープして2区へと襷を渡しました。
でも、9位との差がありすぎで追いつかない。
最後までその差を埋めることができないままゴール。
フィニッシュタイムも、描いていたものとはかけ離れていました。



泣いて、
苦しくて、
負けられなくて、
競って、
励まして、
強くなりたい、強くなりたい、強くなりたい。
そんなみんなを見てきたんです。
みんなの努力が報われないはずがない。

なのに、こんな形で終わるだなんて。
信じたくなかった。



みんな泣いていました。
走った人も、応援していた人も、親御さんも、みんな。
それを見たら、悔しくて、悲しくて、やるせなくて。
女子部長を転ばせた人が、先輩達の最後の駅伝を潰した人が、許せなくて。
恨んで、憎んで、どうしようもなくて、泣きじゃくっていた私。
その人が悪いわけではないってことも、たまたまだったってことも、思いもしなかった事故だったってことも、わかっていたけれど。
それでもやっぱり、どうしても涙は止まらない。



「転ばせた人もたまたま。転んだのが私だったのもたまたま。だから、誰も悪くないんだよ。」
抱きしめてくれた女子部長。

「みんな頑張ったんだから。だから、不運に泣かなくていいんだよ。」
手を握ってくれた女子の先輩達。

「ぴよもちさんのサポートが、俺達に力を出させてくれたんだ。」
頭を撫でてくれた男子の先輩達。

優しい言葉とぬくもりを残して。
3年生は、引退していきました。



何もしてあげられなくて、ごめんなさい。
力になれなくて、ごめんなさい。
それでも私は、先輩達が、大好きでした。

こんな不甲斐無いマネージャーなのに、受け入れてくれて嬉しかったです。
生意気いっぱい言ったけれど、かまってくれて楽しかったです。
先輩達といれた時間は、なによりも、本当に大切でした。



先輩達はいなくなってしまうけれど、いつまでもここは先輩達が帰る場所であり続けるから、
だから、受験でくじけそうになった時は、いつでも帰ってきてください。
代が変わっても、私達はいつまでも先輩達が大好きで仕方がない後輩です。



いままで、ありがとうございました。



人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

長距離の集大成。

2010/11/04 22:21
大げさかもしれませんが、ついに決戦前夜。
長距離の集大成、県駅伝です。

毎年の駅伝の伝統である、名前と学校名入りのミサンガとお守り。
このところ平均2時間睡眠で頑張りました。
(もっと早くから準備すればよかったじゃん!というつっこみはしないでください)



おまもり

みさんが

3年生はこの駅伝で引退となります。
ですが私達マネージャーにとっても、県駅伝はこれが最後です。
来年はマネージャーは選手達より一足早く夏に引退してしまっています。
だから、みんなのためを思ってお守りとミサンガを作るのは、これが最後。
これが私達がみんなにしてあげられる、最後のプレゼント。
だから、少しでも良いものを作ろうと、手の込んだものをあげようと。
必死になって作りました。

男子陣のは、靴の側面が星のスパンコールとイニシャル、紺のリボン。
女子陣のは、靴の側面が花のスパンコールとイニシャル、黄色のリボン。
部活カラーの赤を中心にして作りました。
リボンの色は、それぞれの襷の色です。
リボンは、絶対に取れないようにしました。

みんなの絆が、ほどけないように。
みんなの襷が、無事に次へと継がれるように。
ひとつひとつに、想いをこめて。



今までのみんなの努力を、目の前で見てきたんだ。
大丈夫、みんなは強い。負けない。
関東への切符は6枚。去年7位だった悔し涙。
だから、宣戦布告です。

去年、私達を踏み台にした勝者へ。
次に勝つのは、私達。
強さのために、擦り切れるほどに努力を糧にここまで来ました。
明日は、私達の逆襲です。



「必ず、関東に連れてってあげるから」
みんなは約束してくれました。
大丈夫だよ、だから、信じてる。

本日、決戦前夜。
長距離の集大成、ついに始まります。


さよなら、の合図。

2010/10/28 00:05
部活が終わった7時近く。
この時期になると、もうこの時間は真っ暗で。
街灯がなければ、たとえ近くにいても顔さえ見えないほどです。
そんな、1日の学校の終わり。



1年生と2年生の駐輪場は隣接していて、たとえ人がそれぞれの学年にいたとしても、仕切ってあるから姿は見えない。
だけど、声は聞こえます。むしろ響くくらいです。
そんな場所で、漫画みたいな体験をするなんて誰が思うでしょうか。
もちろん私も、例外ではなくて。

自転車を出しているときに1年生の駐輪場から聞こえた3人の話し声。
いつもだったら気にも留めないで帰るはずなのに、その3人の声が知っていたもので、しかも話の内容が自分のことだったから、反射的に動きが止まってしまいました。
本当は、きっと、それがだめだった。

「●●って、ぴよもち先輩と仲いいよな。・・・実は、みたいな?」
「違うって。付き合ってないよ。」
「じゃあ好きなんだろ!」
「違う。」
「好きじゃないのにあそこまで仲よくしないだろ。しかも先輩だし。」
「似てるんだよ、先輩・・・・・・・・・・前、付き合ってた奴に。」

わかってしまいました、彼が私に優しかった意味が。
知ってしまいました、彼が私を気にかけてくれる意味が。
全て、理解してしまいました。

「親御さんの仕事の関係で、今、福岡。それに受験とか色々あったし、仕方なかったんだよね。」

年下の彼は、前に付き合っていた子が、まだ、好きなんだ。
そして、その子が私に似ているだけだった。



それがこの恋心の、さよならの合図でした。



でもなぜか、ショックとか悲しさとかはなかったのです。
ただ、年下の彼が好きだったという気持ちだけが、すうっと消えていきました。
びっくりするほど、その気持ちだけがきれいになくなっていって。
でもやっぱり残るのは、少しの余韻と虚無感。
確かに恋でした。
一瞬にして過去形になってしまったけれど、なぜだか寂しくはなかったのです。



ただ一つ明確なのは、私も彼も、何も悪いことはないということ。

さようなら、彼が好きだった私。

そして迎え入れる、マネージャーとして彼が好きな、私。



やっと、やっと、やっと。

2010/10/23 23:39
この前、テレビでやっていたこと。
『スポーツをやる前には、チョコレートと紅茶がいい。チョコレートはかじる程度でも、香りを嗅ぐだけでも、それだけで体が変わる。』
本当かどうかわからなかったけれど、やらないよりはと思って、走る前にみんなにチョコを配りました。
みんなも冗談っぽく、「これで今日は無敵だね!」なんて言ってみたり。



誰よりも強くて、
誰よりも頼りになって、
誰よりも多くのものを背負っていて、
それが、私たちの大好きな女子部長です。
そんな女子部長にだって、悩みはあるもので。

顧問から言われ続けた”9分台”の壁。
ベストは10’02で、いつも一生懸命で、練習の走りでいけば9分台は出せる調子でした。
いつも、いつも、「今日こそは!」と意気込んでは、あと少し。
顧問にどやされては、それは期待から来るものだとわかっていながらも、唇を噛み。
部長だからと、自分よりも周りを優先する。
そんな部長を私は見てきました。



今日の記録会は、3年生にとってラスト・トラック。あとは駅伝を待つだけです。
部長は最後の3000Mを走る前に、私にちっちゃく手招き。
「私、頑張るからね。私の最後の3000、見ててね。」
始まる前なのに、なんだか泣きそうになりました。



どうか、どうか、頑張って。
周りにいっぱい人がいても、いろんな声が混ざってても、しっかりと聞こえるように。
声を張り上げてタイムを読みました。
最後のラスト100Mは、私も何を言っていたか覚えていません。
ただ、声が擦り切れるんじゃないかと思うくらい叫びました。
押したタイムは、9’59”65。
周りに人がいっぱいいたけれど、ぽろっと涙。



公式が張り出される所にみんなで集まって、まだかな。
部長もみんなも、内心ははらはらどきどきしていたと思うけれど、無口で固まる。
張り出された紙を精一杯背伸びをして、部長の名前を探しました。



9’59”78
みんな笑顔。部長も、涙の膜といっぱいの笑顔。
嬉しくて、私は号泣。
頭をなでてくれたのは部長で、普通は立場が逆であるはずなのに。
それでも、すぐには泣きやむことができませんでした。



今日は11人走って、ベストが出たのは、なんと7人。
中には14秒も更新をして、10’25を出した子もいました。
みんなの努力の結果だってわかってたけど、ちょっぴりだけ、チョコレートに感謝。
明日の男子さんのためにも、持って行こうかな^^



やっと、やっと、やっと。
3年目の努力。
3年目の目標。
最後のトラックレース。

あぁ、願いがかなった。
本当に、良かった。





人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。